家族旅行

星野リゾートトマム体験記2024(リゾナーレ2泊3日)

2024年1月7日(土)~9日(火)の日程で星野リゾートトマムに家族旅行をしました。

2025年、娘の中学受験を控えているため、2024年はあまり旅行に行けないことから、受験勉強本格化前に行ってしまおうと、2023年9月頃にPeachのセールチケットで関空⇔新千歳をゲットし企画したものです。

行先については、昨年、スキーの楽しさを思い出したHiroPaPaが一度は北海道で滑ってみたいとの思いから、北海道旅行に決めました。

そんなこんなで、今回は、親子3人北海道の星野リゾートトマムの宿泊体験を記事にしております

旅行計画

旅のミッション

家族旅行にも目的があるのと無いのでは、楽しみ方が違ってきます。

旅行に行く際にHiroPaPa家では、とうより、HiroPaPaが勝手にミッションを決めております。

旅のミッション

広大な北海道のゲレンデを体験しよう!
スキーの技能を高めよう!
カニ三昧を堪能しよう!
真冬の温泉&プールを楽しもう!
霧氷テラスとアイスビレッジを体験しよう!

 

旅のざっくりスケジュール

1日目

  • 08時45分 関西空港 ⇒ 新千歳(Peach)
  • 13時30分 JRトマム駅到着
  • 13時45分 ザ・タワー スキーアカデミーチェックイン
  • 14時30分 スキーアカデミーLv.1(2H)
  • 15時00分 リゾナーレチェックイン
  • 18時30分 蟹料理・和牛・海鮮しゃぶしゃぶ「天空SORA」にて夕食
  • 20時00分 ホタルストリートへ散歩

2日目

  • 07時00分 森のレストラン「ニニヌプリ」で朝食
  • 09時00分 スキーアカデミーLv.2(2H)
  • 18時15分 ビュッフェダイニング「Hal-ハル-」で夕食
  • 20時00分 アイスヴィレッジ体験

3日目

  • 08時15分 蟹料理・和牛・海鮮しゃぶしゃぶ「天空SORA」にて夕食で朝食
  • 11時00分 リゾナーレチェックアウト
  • 12時00分 ミナミナビーチ体験
  • 14時09分 トマム駅行送迎バス乗車
  • 17時15分 新千歳⇒関西空港(Peach)

帰りの飛行機は出発が1時間程遅れましたが、概ね上記のスケジュールで滞在しました。

旅のざっくり費用

お土産代を省くと、トータル、367,700円となりました。

内訳は以下のとおりです。

◆交通費(飛行機):54,490円(下記参照)

◆交通費(鉄道):24,800円
大人1人分は以下のとおり
JR乗車券:新千歳⇔トマム 往復4,880円
JR指定券:新千歳⇔南千歳 往復1,680円
JR指定券:南千歳⇔トマム 往復3,360円

◆宿泊費:216,810円(下記参照)

◆食費:28,900円
1日目夕食(天空SORA):11,900円
2日目夕食(ビュッフェダイニングHAL):15,000円
雲海コーヒー 600円
雲海ココア  700円
雲海ソーダ  700円

◆その他:42,700円
スキーレンタル(3点セット PaPa大人3日):12,900円
スキーレンタル(3点セット MaMa大人1日):6,000円
スキーレンタル(3点セット 子ども3日):9,700円
スキーアカデミー(LV1):6,800円
スキーアカデミー(LV2):7,300円

 

Tomamu_receipt

スキーに夢中になっていたことと、朝食を沢山食べたため、2日目と3日目は昼食食べておりません・・・。

旅の思い出(良かった点と惜しかった点)

天候は、最高気温が0℃、最低気温マイナス8℃の気温で、2日目が青空も少し望めた好天で、1日目と3日目は雪がちらつく曇り空でした。

旅のミッションは無事にクリアし、3日間ともとても楽しく過ごすことができました。

各施設や訪問地ごとに、良かったの点と惜しかった点を紹介します。

空の旅 ピーチ航空(Peach Aviation)

まずは、北海道旅行を企画するに至った最大のきっかけは、以下の記事からでした。

ピーチ(Peach Aviation)は、片道999円からの「国内線秋冬ぶっ飛びセール」を8月23日20時~27日23時59分に実施する。

搭乗期間は9月9日~2024年1月31日で、国内線26路線が対象。また今回のセールではシンプルピーチだけでなく、受託手荷物を1個無料で座席指定できるバリューピーチも選択でき、荷物が多い人も安心という。8月27日からは国際線のセールも予定している。

この旅券セールで北に向かうか南に向かうか・・・。比較検討し、千歳行を決めました。

費用は先の記述のとおり、家族3人で往復5万円台でしたので非常に魅力的でした。

Peach機体

機内サービスがスマホ対応になっているの知りませんでした。

AirPods持って行けばよかった・・・。

機内サービス

復路の機体は、リクライニングができませんでした。コストカットされた機種のようで、前後のシート間も狭くなってました。2時間程度なら我慢できますけれど、それ以上はちょっときついと感じました。

ピーチ航空(Peach Aviation)の良かった点

  • 価格が安い
  • 手荷物数などの条件で運賃タイプを選択できる(後述参照)

ピーチ航空(Peach Aviation)の惜しい点

  • 飲み物持参がベター
  • 座席が狭い(機体による)

ピーチ航空(Peach Avition)の運賃タイプ比較表

シンプルピーチ バリューピーチ プライムピーチ
機内持ち込み手荷物


無料
2個合計7.9kgまで

お預け手荷物
有料

1個 無料

2個 無料
座席指定
有料

無料

無料
変更手数料
有料

無料

無料
払い戻し
ピーチポイントで一部払い戻し

ピーチポイントで全額払い戻し

 

ホテル リゾナーレトマム

スイートトリプルの部屋に宿泊しました。

セミダブルのベッドが3つ、ジェットバスとシャワー室、サウナルームがあり贅沢な広さです。

家族旅行の場合、数万円のコスト差なら、トマム・ザ・タワーよりリゾナーレを強くおすすめします。

理由は、部屋の広さや設備もありますが、スキーレンタル時の混雑度合いなど、その他にも快適さに差があるためです。

ホテル リゾナーレトマムの良かった点

  • 部屋が広くて快適(全室100㎡以上)
  • 部屋からの眺望がよい
  • サウナやジャグジー風呂でリラックスできる
  • レストランが上位階にあり朝食移動が楽
  • ホテルでスキーのレンタルおよび返却が可能(&比較的混雑しない)
  • チェックイン時の丁寧な施設説明

ホテル リゾナーレトマムの惜しい点

  • 部屋着やスリッパが貧弱
  • 施設の古さが所々垣間見られる
  • 徒歩での移動時、寒い&帰りが上りで少ししんどい

 

スキー(スノーアカデミー)およびゲレンデ施設

トマムまでは、新千歳空港から1時間半ほどなので以外に近いです。

ゲレンデは、ゴンドラ1本、リフト5本と予想していたよりはこじんまりとした印象でした。

高低差も600m弱と決して大きくは無いので少々物足りなさがあります。

運営時間についても短く、リゾートセンター側が15:30にリフトの運行が終わってしまうのが残念です。

HiroPaPaは、初日、全面18時までと思い込んでおり、17時くらいにリゾートセンター側に降りてしまい、誰もいない中、ミナミナビーチからホテルまでスキー板を抱えてバスで移動する羽目になりましたので、皆様ご注意を!!

スクールは、雪ッズ70といった70ステップに分かれたレッスンがあり、子どもの面倒をを手厚く見てくれるので安心して任せるとよいでしょう。

親が教えるのも悪くないとは思いますが、プロに任せた方が双方幸せになれますよ。

ゲレンデマップには、傾斜角度と距離が明記されていているので安心して経路選択ができます。

 

スキーおよびゲレンデの良かった点

  • 山頂からの景色がよい
  • パウダースノーで気持ちよく滑走できる(山頂付近は特に)
  • レンタルが新しく綺麗(板:アトミック、ブーツ&服:サロモン)
  • リゾナーレ、タワーどちらでもレンタル返却が可能
  • スノーアカデミー(スクール)が手厚い

スキーおよびゲレンデの惜しい点

  • リフト、ゴンドラが少ない
  • リフト、ゴンドラの運行時間が短い
  • ゲレンデのコース総面積が広くない
  • 夕方まで滑れるナイターゲレンデが少ない
  • 標高差が低く物足りない
  • 土が少し見える箇所があった
  • リフト券購入場所が2か所しかない(ザ・タワーとリゾートセンター)

 

食事 レストラン

食事については、朝食で「ニニヌプリ」と「天空-SORA-」を利用し、夕食に「hal-ハル-」と「天空-SORA-」を利用しましたので、3つのレストランの評価となります。

森のレストラン「ニニヌプリ」

まずは、「ニニヌプリ」です。

2日目の朝食に利用しました。

予約のいらないビュッフェ形式のレストランです。

朝食は海宝丼とフレンチトーストが名物とのことでした。

森のレストラン「ニニヌプリ」の良かった点

  • リゾナーレから比較的近い
  • 海鮮丼(海宝丼)がとても美味しい
  • 品数が豊富

森のレストラン「ニニヌプリ」の惜しい点

  • 特になし

 

ビュッフェダイニング「hal-ハル-」

次に、「hal-ハル-」です。

2日目の夕食に利用しました。

朝食は予約不要ですが、夕食は予約した方がよいでしょう。

ただ、30日前からWeb予約が可能なのですが、すぐに埋まってしまいます。

HiroPaPaの場合、キャンセル費用がかかる直前の2日前に運よく空きが出たので利用することができました。

予約が取れなくてもあきらめずに直前チェックしてみるのがいいかもしれません。

「カニ」✕「サーモン」をコンセプトのレストランです。

子どもに人気の雲海パフェ!

雲(綿あめ)だけの注文も可能です・・・。

ビュッフェダイニング「ハル」の良かった点

  • カニが食べ放題!
  • ステーキもある
  • 品数が豊富

ビュッフェダイニング「ハル」の惜しい点

  • 予約がとれない
  • 海鮮丼はニニヌプリに劣る

 

蟹料理・和牛・海鮮しゃぶしゃぶ「天空-SORA-」

最後に、「天空-SORA-」です。

1日目の夕食と2日目の朝食に利用しました。

事前に調べた限りでは、一番評価が高かったレストランだったので期待が大きかったからか、朝食、夕食共に少し期待外れでした。

夕食のしゃぶしゃぶがこちら☟

朝食はメインを4種類(刺身盛り合わせ、サーモンいくら重、蟹玉重、十勝豚重)から選択する和食ビュッフェです。

ローストビーフとメロンゼリーが記憶に残りました。

 

森のレストラン「ニニヌプリ」の良かった点

  • リゾナーレ(31階)にあり移動が楽
  • 食事をしながら景色を楽しめる

森のレストラン「ニニヌプリ」の惜しい点

  • 夕食の牛肉が非常に高額
  • 朝食のメニューがやや少ない

 

その他 アクティビティ

記事も長くなったので、その他を一気にご紹介です。

アイスヴィレッジ

アイスヴィレッジは、夜の氷ドームがとても美しいですが、とにかく寒いので暖かい服装でお出かけください。

時間限定ですが、安藤忠雄さん作の水の教会も見ることができますよ。

アイスヴィレッジの良かった点

  • 夜のライトアップ演出が美しい

アイスヴィレッジの惜しい点

  • 寒すぎる
  • ジップラインは予約必須

 

ホタルストリート

夜しか行ってませんが、ウッドデッキで繋がったショッピング施設で食事や買い物ができます。

屋外にこたつが設置してあったり、暖炉があったりします。

ホタルストリートの良かった点

  • 暖炉やこたつがあり寒い中での暖かい演出
  • ウッドデッキ調で調和がとれた建物

ホタルストリートの惜しい点

  • 買い物していないので、特になし(スープカレー食べたかった・・・)

 

ミナミナビーチ

00分と30分になると定期的に波を起こしてくれるプールです。

ガラス張りなので雪景色とのギャップが楽しめます。

スラックラインは激ムズでした。

以下の写真の左手前に少し見えている短いスラックラインで練習してからプール奥にある上級へチャレンジするのですが、HiroPaPaは初級でも無理だったので遠慮することにしました・・・。

プールの両サイドにジャグジーもあって、奥にカフェもあります。

ミナミナビーチの良かった点

  • 波があるプールということもあり常夏気分を味わえる(外は雪なのに)
  • 雪の中での露天風呂が気持ちいい(おじさんにはこちらがおすすめ)

ミナミナビーチの惜しい点

  • 強いて言えば、営業時間開始時間が遅い(11時から)

以上となります。

閲覧いただきありがとうございました。

星野リゾートになってから随分と経営改革を行ったようで非常に楽しめる施設になっているのではないかと思います。

スキーを本格的に滑りたいなら物足りないゲレンデになりますが、間違いなく家族旅行にはおすすめ出来ます。

トマムリゾートを検討されておられる方の参考になれば幸いです。

でわでわ。