お金

教育費って何の目的で、いつ、いくら準備しておく必要があるのか?

学費

教育費って、いつまでにいくら貯えておけばいいの?

こんな話は誰も教えてくれませんので、HiroPaPa家でシミュレーションしてみることにしました。

事前に準備しておく必要のある教育費とは?

教育費の貯蓄目的ですね。

普通に考えて、

「金額が大きくて急に言われても支払えない!」

そういった費用ですよね。

では、そんな支出ってあるんでしょうか?

以前、幼稚園~高校生までの年間教育費用はいくらかかるのか?

を記事にしましたが、高校生までは年間約50万あればよいのです。

月にして5万円程度です。

高校生までの教育は、事前に貯蓄して準備するというよりは、生活費の中から捻出する必要があると考えます。

次に、大学です。

(1)入学費用(万円)

国公立大学 私立大学(文系) 私立大学(理系)
学校納付金 14.8 9.3 10.5
受験費用 30.5 35.5 31.9
入学しなかった
学校への納付金
31.6 50.3 51.9
合計 77.0 95.1 94.2

(2)在学費用(万円/年)

国公立大学 私立大学(文系) 私立大学(理系)
学校教育(※1) 9.2 8.9 8.9
課程教育費(※2) 105.8 143.2 183.3
合計 115.0 152.1 192.2

※1:学校教育費(授業料、通学費、教科書代など)
※2:過程教育費(塾の月謝、おけいこごとの費用など)

出典:日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果(2020年10月30日発表)

やはり、大学になると金額が跳ね上がります。

教育費で貯蓄しておかなければならない費用は、大学費用が大きな範囲になると考えます。

ちなみに、日本政策金融公庫の資料では、高校生の入学金と在学費用は、それぞれ、36.5万円と69.9万円/年となってます。

先の文科省の発表数値より少し厳しい金額になってますので、備えはこちらですべきでしょう。

いつまでに準備しておく必要があるか?

上述のとおり、大学入学のときに

「金額が大きくて急に言われても支払えない!」

という事象が発生しそうです。

お子様の年齢によりますが、HiroPaPa家の場合だと、あと約10年です。

いくら準備しておく必要があるか?

大学入学費用に、約100万円

大学在学費用に、国公立なら年間120万円、私立(理系)なら200万円ということになります。

在学費用は、月にすると、国公立なら10万/月、私立(理系)なら17万/月です。

いやー、大学生になると、月学費用が倍位以上になるということです!

一気に生活レベルを変えるのはとてもつらいので、高校生時代(年間50万円)との差額分は、準備しておいた方がよさそうですね。

計算すると、国公立なら、70万円☓4年=280万円

私立(理系)なら、150万☓4年=600万円ということになります。

まとめ

事前に準備する教育費用とは?

事前に準備が必要な教育費は、大学入学までに、大学入学費用と在学費用。

大学入学費用が、約100万円。

在学費用は、高校生時代との差分として、

国公立大学なら4年で280万円、

私立(理系)大学なら4年で600万円。