子育て

学習ドリルってどれがおすすめ?

テキスト

家庭学習で国語(漢字)や算数(計算)のドリルをされている方も多いかと思います。

ドリルって本屋さんに沢山ならんでますが、どれが一番よいかを記事にしてみました。

結論

もう、いきなり結論です。

小1までなら、男の子も女の子も、うんこです。

女の子なら小1から、すみっこです。

それぞれのシリーズの特徴を簡単に、経験を添えてご紹介です。

うんこシリーズ

いやー、初め見た時は衝撃でしたね。

うんこを投げたり、数えたり・・・。

小さな子どものこころを鷲掴みですよ。

間違いないです。

HiroPaPa家でも、まず、うんこから始まりました。

うんこでおべんきょうがスタートします。

まずは、数字とひらがなにふれあいます。

 

すみっこシリーズ

HiroPaPa家では、すみっこが大人気です。

PaPaがキャラクターものが好きではないので、ぬいぐるみはあまり買わないのですが、すみっこは、二つあります。

小2から、ドリルはすみっこ一択です。

かわいいキャラクターがいたるところに描いてあります。

できたよシールが、いいんだとか・・・。

その他

くもん式とか学研にZ会など、たくさん書店に並んでます。

それぞれ、創意工夫がされているのでしょう。

ただ、継続させるにはキャラの力が必要なのです。

毎日、時間を決めて机に向かう習慣をつけさせたいのですが、なかなか集中して学習ドリルに取り組んでくれません。

どうしても、興味が他に移ってしまい、そちらに気をとられますよね。

そんな状況なので、少しでも興味がテイストに向いてもらうために、キャラドリルが最適です。

AMAZONや楽天で売れ筋をみてください。

おそらく、うんことすみっこがランキング上位です。