お金

これが1ヶ月の生活費の内訳だ!家計調査の都市別比較と20年間の推移

家計調査

毎月のカード使用量の明細を見ては、ため息をついていませんか?

食費が増えたとか、臨時出費が痛いとか。。。

本記事では、いったい、みなさんはどのくらい何にお金を使っているのか?

気になる方もいるでしょう。

毎年、総務省が行っている家計調査のデータを調べてみました。

平均的な1ヶ月の生活費の内訳

私の住んでいる都市の平均をグラフ化してみました。

2020年の消費支出です。

一ヶ月あたり、19万5776円を生活費として消費しています。

食費が一番で、6万円弱です。

さあ、どうですか?

HiroPaPa家では、もっと使っているように思います。

無駄遣いが多いんでしょうね・・・。

次に、1ヶ月の生活費の内訳を都市別にみてみましょう。

生活費の都市別比較、最大は奈良市、最小は那覇市

一番、生活費がかかっている都市は、東京ではありません。

1ヶ月の生活費が一番高い都市は、奈良市です。

一ヶ月あたり、26万6620円を使っていることになります。

「食費」が7万円弱で、ついで「交通・通信費」が約3.5万円です。

1ヶ月の生活費が一番低い都市は、那覇市です。

一ヶ月あたり、17万6895円で生活できます。

「食費」が5万円強で、ついで「住居費」が約2.6万円です。

ちなみに、東京も参考に掲載しておくと

1ヶ月の生活費は、26万2047円です。

やはり、高額ですね。

「食費」が7万円強で、ついで「住居費」が約3.3万円です。

都内で3.3万円で住めない気がしますけれど。。。

都市規模別の20年間の生活費推移

大都市、中都市、小都市の規模別に生活費が20年間でどのように推移しているかをグラフ化してみました。

意外にも、大都市の方が1ヶ月の生活費が低い傾向※にあります。

「食費」や「住居費」は大都市が高額なのですが、

「交通・通信費」や「光熱・水道費」は大都市の方が安価な傾向にあります。

車の所持割合が地方に多く、費用負担も大きいようですね。

※世帯人数が大都市の方が少ない(2020年では大都市は2.07で中小都市は約2.3)ことも影響しているでしょう。

それにしても、1ヶ月の消費支出が20年前と同じだなんて・・・。

ほんと、失われた20年と言われるのも仕方が無いですね。

東京を例にとって、2002年と2020年を比較してみると、

支出が増えているものは、

「食料」「住居」「光熱・水道」「家具・家事用品」「保健医療」「教育」

支出が減っているものは、

「被服及び履物」「交通・通信」「教養娯楽」「その他」

となってます。

トータルも減っています。

日本は、豊かな国なのでしょうか?

考えさせられますね。